七夕

七夕・・・7月7日に行われる七夕祭りは日本に古く川伝わる棚織津女の話と、中国に伝わる牽牛星と織女星の伝説、この2つの話にもとづいています。

棚織津女の物語りは村の災厄を除いてもらうため、機織津女が機屋にこもって天から降りてくる神の一夜妻になるというお話。

また、夫婦であった牽牛と織女が天帝の機嫌をそこね、天の川をはさんで引き離されてしまい、一年に一度だけ7月7日の夜に天の川にかかる橋で会うことを許された、

という伝説です。

良く考えるとなんとも不謹慎なお話にも聞こえますが、やっぱりロマンチックなイメージが一番。

いにしえの人の想像力は時代を超えて今も「ハレの日」として受け継がれているんですね。

皆さまはお願い事の短冊書きましたか?

 

九重“夢”大吊橋近くの秘境・
九酔渓温泉
源泉掛け流しの上質の温泉をお楽しみ下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *